ていだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡

2010年04月22日

この映画は世界初の養殖サンゴの移植・産卵という奇跡を成し遂げ、環境大臣奨励賞、内閣総理大臣奨励賞を受賞された金城浩二(きんじょう こうじ)さんの実話です。

専門的な知識もない浩二さんが、ただサンゴへの情熱だけで「世界初のサンゴの産卵」に成功されました。

この映画のクライマックスシーンはやはり!「サンゴの産卵シーン」です。

1年に1回しか産卵しないサンゴのそのシーンを撮影する為に、1ヶ月間、毎晩、水中カメラマンは海に潜ったそうです。

そして奇跡的に撮影に成功!!

暗い海の中に、まるでピンク色の雪が舞っているような、息をのむ美しさです。


ラストシーンでは山下達郎さんの歌声と共に、沖縄の真っ青な海と、白い雲と、海に反射するまぶしい太陽の光が、スクリーンいっぱいに映し出されます。

とてもおおらかな気持ちで、リラックスしながら観られる映画ですよ☆


脇 たまき
posted by u-work at 23:28 | 脇朱紀

今日のお客様は「キム・ヨンジャ」さんでした(^-^)

2010年04月21日

100421.jpg
今日は韓国のグルメのお話も沢山してくださり、私も一度、韓国に行って「38度線でのピョンヤン冷麺」や「韓国の気候が作り出す美味しいキムチ」を食べてみたくなりました(^^)

キム・ヨンジャさんのとっても綺麗はお肌は、やはり韓国の食べ物が生み出す力なのでしょうか?(o^-^o)


近づくと、とても優しい、いい香りのするキム・ヨンジャでした。

3月3日にリリースされた大人のラヴバラード「再会」も是非みなさん聴いてください!


脇 たまき
posted by u-work at 13:12 | 脇朱紀

あなたの目、疲れていませんか?

2010年04月20日

近頃、目が疲れやすい、目が乾燥している、目の周りがけいれんする、なんてことありませんか?
 
パソコンや携帯電話など、ディスプレー画面を見る機会も増え、目の負担は以前に比べて大きいようです(*_*)
 
まずパソコン画面は明るすぎると目の負担になります。
 
一番明るい明るさの3割程度が目の負担が少なめに抑えられる明るさだそうですよv(^-^)v
 
目に優しい、パソコンの理想的な姿勢は「目を画面から40cm以上離す」こと。
 
 
体の姿勢は
 
@椅子に深く腰掛け、背もたれに軽く体重をかける。
 
Aキーボードに指を置いたとき、肘の角度が90度くらいになるように椅子の高さを調節する。
 
B膝の角度も90度
 
が目に優しく、肩こりなどの体への負担も少ない理想的な姿勢なんですって(^v^)
 
 
それ以外にも、
 
普段からホットタオルなどで目の周りを温めたり、
眼球を左右上下に動かす運動をして目をいたわってあげてくださいね☆
 
 
(P.S)
 
今日、私の大好きな象グッズが沢山置いてあるZOUcafeにいってきました
 
 
このカフェの店頭で売っていたクリームパンがとても美味しかったです★彡
 
 
脇 たまき 
posted by u-work at 20:04 | 脇朱紀

意識しているエコライフ(*^∇^*)

2010年04月19日

近頃はエコライフを意識している方も随分増えてきたように思います(^v^)
 
私も先日エコライフの一つ?もう着ていない服をリサイクルショップに出してきました。
 
ダンボール箱2つ分くらい(◎o◎)
 
「どれだけタンスの肥やしを増やしていたんだろう・・・」と反省・・・。
 
ショップに出したあとはタンスの中もスッキリ!して気持ちよかったです(^0^)
 
 
近頃「出来るだけ水を使わないようにエコ」も意識しています。
 
カレーやシチュー鍋を洗う時には、使い終わった定期券やテレフォンカードなどで、まずこそげ落としてから洗います
 
スポンジも汚れないし、使う水の量も少しですむし、スッキリ簡単にお鍋が綺麗になりますよ☆
 
 
(P.S)
 
やっぱり春はいいですね〜☆家の前の公園がお花畑のようになっていました(^○^)
 
 
 
脇 たまき 
 
posted by u-work at 12:01 | 脇朱紀

ひげ

2010年04月18日

梅田のDDHOUSEの向い、阪急電車高架下にある「ひげ」という中華料理屋さんに行って来ました。
 
このお店の料理には何故か旗がたっています。
 
ゴマ団子にも焼き飯にも。
 
 
嬉しくなって(^○^)テンションあがりました
 
ちなみに、この日私が食べた中でのナンバーワン!は焼き飯☆値段もリーズナブルでかなりおいしいですよ(*^∇^*)
 
 
帰り際、厨房の料理人の人達をチェックしてみると、やっぱりみんな「ひげ」でした。
 
どうやらこのお店の選考基準のようです
 
 
脇 たまき
 
posted by u-work at 18:20 | 脇朱紀

第9地区

2010年04月15日

監督・脚本は「ニール・ブロムカンプ」 

南アフリカ出身でこの映画が監督デビュー作となります。

今までにない独創的なストーリー、撮影方法の面白さ。

1時間50分がアッ!という間に経ってしまいますよ。

主人公 ヴィガスは「シャトル・コプリー」が演じています。
ブロムカンプ監督の長年の親友でシャトルもこの映画が初めての出演です。

それにも関わらず、この映画での名演技ぶりに今では様々な映画への出演オファーが殺到しているそうです。

笑える場面も沢山ありますが、それだけではなくこの映画のラストシーンは色々な事を想像して、切なくもなり、考えてしまいます。

映画に込められているメッセージを様々なセリフから感じ取ることが出来るでしょう。

監督は無名だし、有名な俳優さんは一人も出ていない映画ですが、十分に見応えありますよ☆


脇 たまき
posted by u-work at 13:09 | 脇朱紀
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。