はたらいく

2009年11月09日

近頃は手に職をつけたい、と転職される方が多いんですね!もちろん、一つの会社に勤め上げることも大変なことで、すごく尊敬します。
 
しかし転職したい気持ちもわかります。
 
というのは、私も転職ぐみだからです。
 
5年前までは不動産関係の会社に勤めていました。福利厚生のしっかりした、人間関係も良い、何の問題もない、いい会社でした。
 
でも、「自分の名前を指名して貰える仕事!本当に好きで、やりたいって思える仕事をしてみたい!!」と、思い切って会社を辞め、今はこの世界です。
 
入ってみて想像以上に大変なことはたくさんありましたが、「好きだから頑張れてるんだな〜☆」と、時々実感します。
 
仕事でもプライベートでも「好き☆」って気持ちは大事なんですよね
 
(追伸)
 
コレで↓¥820!!
お寿司・かにつみれ椀・ゴマ豆腐がセットです。
 
三宮センタープラザ地下1階「姫すし」のランチです。
 
何気なく入ったのですが、味は美味しく、店員さんの愛想もよく、気配りをしてくれるお店ですんばらしい仕事っぷりでした☆
 
 
脇 たまき
 
 
 
posted by u-work at 14:04 | 脇朱紀

第七藝術劇場のオススメ映画

2009年11月05日

今月も支配人の松村さんにツウな映画を紹介していただきました。
 
その中でも私の印象に強く残ったのは「犬と猫と人間と」です。

私は今は犬を飼っていますが、動物を飼う時は必ず保険所で処分される動物を貰いに行きます。

実際に保険所に見にいくとその数の多さに驚きます! 

しかし、殺処分される動物を救おう!という取り組みを熱心にされている団体もあるようです。

例えばペットショップでそういった動物を引き取り販売したり、 

「大阪府動物一時保護センター」でも譲渡の活動を熱心にされています。↓ 
http://www.pref.osaka.jp/doubutu/pet/hogosenta.html    

譲渡可能な動物の写真や特徴を盛り込んだホームページも公開しています。↓ 
http://www.pref.osaka.jp/doubutu/pet/jouto.html

様々な条件がありますが、「動物を飼いたい!」と思っていらっしゃる方には、
是非一度みて頂きたいです。  

P.S)我が家で引き取った犬(^v^)名前はカレンです↓
karen0602.jpg

karen0306.jpg

人や動物が大好きなかわいい性格ですが、見た目は狼です(^_^;)

脇 たまき
posted by u-work at 14:08 | 脇朱紀

今日のゲストはコンチェルトのお二人

2009年11月04日

091104.jpg

今日はコンチェルトの池水龍三(いけみずりょうぞう)さんと足立征夫(あだちまさお)さんに来ていただきました☆

池水さんは元会社の営業マン、足立さんは元呉服屋さんで働いていらっしゃったということです。

二人とも、とても誠実さが伝わってくる方でした(^-^)

芸人の世界に入って5年目。今年は20代最後、勝負の年、だということです。

是非、みなさん、11月8日(日曜日) 「松竹INDEXスタイルー2」に行って、コンチェルトを応援してくださいね☆

脇 たまき
posted by u-work at 13:32 | 脇朱紀

読書術☆

2009年11月03日

今日は「効率の良い読書の仕方・6つのポイント」をご紹介しました。
 
 
1:自分にとって読む価値のある本しか読まない
名作、傑作、話題作、という文句に振り回されずに、今の自分がこれを読んで楽しいか、将来のためになるか、といったメリットを考えて、本を選ぶ。
 
 
2:自分のレベルをちょっと越えた本を読む
 
楽に一、二時間で読み飛ばせるような、内容の決まりきった本ばかり読むのではなく、今の自分のレベルに比べて「少しだけ」上のレベルの本を選ぶ。本によって自分を引き上げて貰う。
 
 
3:全部を読まない
 
自分にとって「面白い」「重要だ」と思った場所がひきだせたならそれでいいのです☆、細かい部分や、興味がわかない部分は飛ばし読みでも大丈夫!何故なら、本はそこから「価値」を引き出すためのものであって、全ての小さなディテールに至るまでを頭の中にいれるためのものではないからです。
 
 
4:「先読み」で頭の中に下書きを作る
 
「全部を読まない」ために必要な習慣が、必ず「先読みをする」というものです。あたらしい章を読み始める前に、章の長さ、章の構成、話の主旨などをあらかじめ目で読み取っておき、脳内に受け取る情報の下書きを準備しておきます。この習慣を実行するだけで、理解の度合いと読むスピードも格段に向上するという効果が期待できます。
 
5:常に1冊に集中する
 
一つの本を読み出したら他の本には手を出さずに最後まで読み切ります。何故ならそうしないと、要点を忘れてしまうからです。
 
 
6:時間を区切っておく
 
ページ数に応じて「読了予定日」を設定しておいて、それを無制限に越えないように注意。いつまでも一冊の本に足止めをくらうのを防ぐのと、「先へ、先へ」とペースを作るのが目的です。一つの本に時間がかかりすぎている場合は、まだそれを読むときが来ていないのか、何か準備が足りないのか、何かがあるはず。その回でのトライを完了させて、それまでに得たものをノートにして保存しておきましょう。 その内、実力が身に付いた時に再び読み始めればいいのです。
 
 
☆読書は人生を豊かにしてくれるアイテムの一つだと私は思います。是非、時間を効率よく使って、1冊でも多く素敵な本に出会ってくださいネ
 
(PS)ちなみに私がいま集中して読んでいる1冊の本はこれ↓です
 
脇 たまき 
posted by u-work at 16:02 | 脇朱紀

男の曲がり角

2009年11月02日


調査では男性が曲がり角を感じ始めるのは34.7歳、ということです。理由は「おなかが出てくる」「髪が薄くなってくる」などがありましたが、私が男性に曲がり角を感じるのは「鼻毛」です(^^;

鼻毛が出ていると、どんなにかっこいい人でもがっかりしてしまいます。

女性はもちろん、男性のみなさんも「毎日でもチェックして欲しいなぁ〜」と思います(o^-^o)

それにしても、森脇さんは見るたびにどんどん体が引き締まり、顔も小さくなり、見た目が若くなってきていはるので「すごいなぁ〜!!」といつも感心してしまいます\(^O^)/

森脇さんの就寝時間は夜10時、起床時間は朝6時という事なので、「やはり若さの秘訣は規則正しい生活なのか〜」と、反省しました。

今日からその日中には寝るように頑張ります!


(P.S)飲み続けると体臭や口臭がバラの香りになってくるらしいサプリメント・・・男性の間で大人気みたいです(^v^)


脇たまきより
posted by u-work at 12:12 | 脇朱紀

風が強く吹いている

2009年10月29日

苦悩や失望感などのネガティブな感情、様々な事情を持つ若者が、仲間と堅い絆を結び、喜びと夢と生きる手ごたえを掴み取るために自らの限界に挑んでいきます!

この映画を観て改めて「走るって美しい!!」と思いました。

私が一番心に残ったセリフ・・・それは主人公ハイジが言う「長距離選手に対する一番の褒め言葉、それは速いよりも、強い、だと思う」


この映画の撮影では箱根駅伝のコース、国道15号、134号、1号にわたる10区間、217.9kmでの撮影許可の為に制作部は奔走したそうです。

箱根駅伝の実務責任者、関東学生陸上競技連盟の方達の協力もあり撮影許可が下りた 鶴見、小田原、芦ノ湖では沿道の3万人以上ものエキストラの方たちとリハーサルなし、本番1回撮影!!

緊張感と臨場感が伝わってきます!

走るのが好きな人もそうでない人も是非観に行ってみてください☆勇気と希望を与えてくれる映画です。


10月31日(土曜日)より公開


脇 たまき
posted by u-work at 12:43 | 脇朱紀
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。